クリアブルーの世界で

見上げればそこにはいつだって

矛盾な愛に 曖昧な恋に

 

 どうも皆様、お元気してらっしゃいますか。

9月も半ばに差し掛かり、もうすっかり秋ですね〜!とおきまりの挨拶もそこそこに。

 
Summer Paradise 2016
「ハシツアーズ〜もうかわいいなんて言わせない〜」
後半の8/27.28に行われた4公演に行ってきました。

7/30〜8/1の前半5公演はどうしても都合が合わず泣く泣く諦め、SLT代々木を経て、待ちに待ったソロコン!

昨年の思い出にも浸りつつ、楽しみで楽しみで仕方なかったのです。なんせ今年は喧嘩してないからね!笑 さあ今年はどう楽しませてくれるの?と、物凄い勝手にハードルをぶち上げて挑みました。


前回同様セットリスト順に追いますが、レポと言うよりはしがないオタクの主観入りまくりのどうしようもない感想文として見ていただけたらと思います。そして今回一切メモをとってないので、ところどころ曖昧な部分があるかとは思います。どうか雰囲気で汲み取ってください♡(丸投げ)

 

 

 

 

オープニング

 会場が暗くなり、過去のライブ映像を繋げて編集したものが流れる。ああ、あの時の…あの衣装好きだったな、って振り返ると自然と目頭が…(涙腺弱い)スクリーンに映る「HASHIMOTO RYOUSUKE」の文字に胸の高鳴りが止まらない。音が止まったと思ったら、センステ上段から、ポップアップで橋本良亮が高く飛び上がって登場。会場悲鳴。
初見の私「去年やらなかったポップアップでの登場をここでーーーーーーー!!!?!」


    
1.Stay with me ♡

出てきたと即思ったら流れるイントロ。白のキラッキラしたジャケットに、ダメージデニム、腰には赤チェックの布を纏い、白のシューズ。手には薔薇の花束。この絶妙にカジュアルなアンバランスさがまた今の彼には合ってる気がしました。半分王子様、半分りょうちゃん。………わたし何言ってる??
この曲、去年はアンコールでやったんですよね。それを一曲目に持ってくるなんて、くう…。ここではあまり踊らず、音に乗りながら客席全体見てる感じ。間奏では煽りを入れてくる。
「みんな元気ーーー?!」うん、ちょー元気(泣)
最後には花束をポーンと客席に投げちゃう。さながらブーケトス。

 

 


2.Seacret Lovers

赤い照明で照らされる中、いつの間にかJr.も出てきて、少しムーディーな雰囲気になったかと思えば聞こえてきたイントロはシークレットラバーズ!!きたね、きましたね、コレ。曲がもうかっこいいんだよ…身体を揺らすような振り付けがとてもすきです。
間奏部分後の「わざとらしいくらい透き通った目で〜もう一度触れてみたい」のところの歌い方が本っ当にね、色っぽくてね、心臓をぎゅっと捕まれました。

 

 

3.In The Name Of Love 〜誓い

暗くなってピンスポが当たり、アカペラでサビを歌う。ちょいアレンジ。27昼だけ途中で笑っちゃってた。ちなみに前半はここVannilaだったらしいです。Vannilaの差し替えでこの曲…なるほど興味深い。中々大人っぽい曲を序盤に立て続けに持ってくるセンスに脱帽。

 

4.秘密の愛

「みんな〜一緒にハート作るよ〜!」
去年のソロで初披露され大好評だったこの曲は、歌詞が橋本くんらしさ全開で本当に可愛い。客席に降りて、みんなと触れ合いながら歌うスタイル。ソロ公演前半の様子が流れたWSで「大好きなら触ってよ!」という発言を受けて、控えめながらもみんな触っている姿がなんだか微笑ましく感じるのは何故でしょうか…。あんな近くにいるのに大騒ぎにならないの、本当に凄いと思うよ。あとね、好きすぎて逆に触れない人もいると思うからそのへんは分かってね、橋本くん!笑

 

 

5.Walking On Crouds


手動のクレーンに乗って登場。これセンターブロックから見たら浮いてるように見えて、また今回のセットが空というか、雲がいっぱい浮いてる感じなので(伝われ)曲的にピッタリではあります。ニコニコと「せーのっ」てサビの振りを煽る姿はまるで天使…?と見間違うほど。いやほんとね、ニコニコ客席から見ながら歌ってる姿がね、愛おしくてたまらんのです。

 


6.花言葉


花言葉のオルゴールver.が流れ、暗くなった会場に突如現れた、スクリーンに直筆のメッセージ。字に特徴のある彼の、精一杯心を込めて書いたであろうその内容は終始可愛くて癒されました。(笑)の字がちげぇ。笑 
ファンに向けて2つの花言葉をくれました。1つはセンニチコウ(千日紅)。意味は「変わらない愛」、ただ会うたびに好きになってるからこれはきゃっかだそう。もう1つはクルクマで「あなたに酔いしれる」。もうさぁ、お腹いっぱいです…(卒倒)
あとさぁ、「p.s 字が汚くてごめんね…笑」にキュンとしない人もいないよね?!

メッセージが終わり、花言葉のイントロが流れる。この曲の最初のピアノの旋律がとても綺麗で、どこか切なさもあって大好きなんです。
ステージ上段上手側に仮面舞踏会よろしく仮面を被り、さっきとは違う白のジャケットを羽織った橋本くんが現れるんですけど何故か顔がブチ切れてる。いや、かっこつけてる?のは分かるんだけど、仮面のせいで表情が読み取りにくてて、怖い。笑 それだけ真剣ってことですよね!ね?!キレてないよね?!


「ありがとう 愛してる」まで歌い終わって、抽選タイム。お花いっぱいついたBOXから、座席番号の書かれた半券(かな?)をひいてシンデレラを選ぶ。アリーナ席はその子のところまで行って、2バルはそこからその子の方を見つめながら歌う。これ自担にやられたら泣くわ。なんかもうね、凄かったです。跪いて手をとってその手におでこつけてみたり、逆にその子の手を肩にかけさせたり、最後耳打ちしたり。それやった後に、2分割された画面越しにチューですよ。なんだその発想?!しかも最後照れ笑いしやがる!!!可愛いか!!!!
27の昼にね、選ばれた子がね、なかなか出来なくて(そりゃそうだ)ほらーって猫呼ぶみたいに口でチュッチュ言ってるのがしぬほど可愛くてな……?アレ自然に出来るのなんなの?

 


7.Naturally


橋本くんの何が怖いって、さっき選ばれたシンデレラに「彼女の一瞬は〜」のところで指差すところね。ね、ねえ、お、おとしにかかってるよね…?!
サビからスタンドマイクに切り替えて歌うんですけど、この振り付けがね、可愛いんだよ〜。A.B.C-Zのときにはやらないやつ。そんでめちゃくちゃ愛おしそうに歌う。そんな姿見ちゃったらそりゃ恋をしないでいられなくなるわな!!!(納得)

 


8.One by One


「抱きしめないで いられなくなる」で一気に暗転。相変わらず余韻をぶった切るセトリありがとうございます。白のジャケットを脱ぎ、青と白のスカジャンに着替える。そう、みんな大好き五関先生による巷で噂のど変態レーザーがバンバン飛び交う曲であります。初見、3バルのドセンで拝見したのですが、まあとにかく綺麗でひたすらカッコ良い。レーザーを切り開いて橋本くんが出てきたり、ふと気付いたら5箇所から伸びてるレーザーが星の形になってたり………なんだこれは?!レーザー×橋本良亮のダンスなんて最高以外の何でもないでしょ…相乗効果が凄い、いや、クセが凄い(これが言いたかっただけ)
とにかく見応え抜群なので円盤化された際は是非ご確認ください!!!

 

9.Dance!

ここ続けてこんな踊る?!っていうね。飛び跳ねながら煽る橋本くんの楽しそうな顔が印象的で…。最後らへんダンスパートが追加されてるんですけどね、もうね、カッコ良いの一言よ。Jr.従えてガシガシ踊る姿、頼もしいしカッコいい。カッコいい!!!大事なことなので2回言いました!!!
ぶっちゃけると私この曲テンションがブチ上がって一緒に踊ってるのであんま覚えてない!!!この馬鹿!!!

 

10.Hazy Love (新曲)


度肝をぬかれた曲であります。射抜かれた、と言ったほうが良いのか。「恋」「秘密の愛」は男性目線の詞ですが、これは女性目線。いや、はっきりそう言うのはアレなので、女性寄りの目線。コイベビ公演期間中に書いたものと言っていたので、少なからずハシの要素は入っているのかなぁと。女子ってさ、気まぐれだし面倒くさいじゃん?ほっといてほしかったり、構ってほしかったりさ。受け入れてほしいけどこんな私嫌いにならないで、みたいな。そのへんのもやーっとドロドロしたところ、をよく分かってるよなぁ、って思います。Hazyって「かすんだ、もやもや、はっきりしない」って意味なんですって。多分、少なからずそういった女子っぽい感情が彼の中にあるんだろうなって。もちろん変な意味ではなくて。だから女性目線の曲がガチッとハマるんだろうね。

「あなたに側にいてほしいの 私の癒しなの」
「矛盾な愛に 曖昧な恋に さよならなんて言わないでね 愛してよね?でも…」
「近づきすぎたら 壊れてしまうの」

へ、ヘビーだなぁ良亮〜〜〜!!!でもまるで祈るかのように歌う姿に、ちょっと泣いたのは内緒にさせてね。

 

 

☆MC

 

いやー、物議を醸す点もいくつかございましたが、内容に関してはここでは触れない方向でいきます…。レポとかは多分出回ってると思うのでそちらでご確認ください!
ねえねえ聞いてよって、話が二転三転するスタンスは基本的に変わらないままで。何が飛び出すか分かんないから、なかなか肝が冷える点も同じ。あと多分だけど後半につれて話すこと無くなったんだろうなあとも思う。笑 めちゃくちゃ緩かったからね〜〜。ほんと地元のファミレス感覚だった。いつも思うけど距離感が近すぎる。
口に刃物がついてるから、どこか危なっかしさは否めない。でもそれが良いところであれば、ダメなところでもあり………と考えが堂々巡りになるのでここまでにしときます。


MC始まりに、「イェーーイ!!!パリピ〜〜?!イェーーイ!!!ここ図書館じゃねーぞぉ!!!(訳:静かすぎかよ!)」とアゲアゲモードのパリピ言いたいだけ芸人だったのも、「どうも、千葉のヤンキーです」ってメンチ切ってたのも、「アァア……アァ….りょうちゃんゾンビ」っていきなりゾンビになってたのも、今思うとかなり面白いですね。ジワジワきます。


ちなみに28日昼はバックについてくれているJr.を呼んでトークも。福本大樹くん、面白い。去年の谷村枠、今年は君だわ(謎宣言)

 


11.世界一

橋本くんがA.B.C-Zの曲のなかで1番好きだというこの曲をしっとりと。メッセージ性の強いスローバラードが本当に合うなぁと思います。わたしこれCD音源で初めて聴いたときにまあまあ凹んでる時でスッと心に沁みて泣いてしまってから、聞くともう自然と泣いてしまうんです。ひとつひとつの詞が優しい。まあこちら側からすれば君こそが世界一なんですけどね。

 

12.Fighting Man (Jr.)


福本くんが振り付けを担当したそうで!サビの振り可愛いんだよ〜〜!この曲普通に好きなので楽しんで踊らせて頂きました!笑

 

13.君がいないから


Jr.がハケた後、上手からぬるっと出てきた橋本くん。新しいお衣装は代々木のソロでも着ていた、黒と赤のジャケット。後ろにRの文字がホワイトマーブル柄で入っていて、ラインストーンでゴテゴテキラキラ。「代々木からね、パワーアップしてもらったの」と嬉しそうにニコニコ。この衣装が1番好きなんですって。腰のあたりについてるヒモもキラキラになってたんですけど、どうやら3万円するそうで「落とすの怖くて踊れない」とのこと。笑 だからここからバンドナンバーになります。

この曲は今年すばるくんが出したカバーアルバムより抜粋したもの。安全地帯さんの曲です。これもバラード。何が驚いたって歌い方ね。すばるくんソックリ。玉置さんじゃなくて、すばるくん。多分意図的に似せたわけではないと思うんだけど、間違いなくすばるくんのカバーでした。特に1番最後。あの伸ばし方はもう。なんていうか、これも吸収力が高い故のものなのかなぁと思います。

 

14.雨上がりに手をつないだら


この曲で初めてこのセットが生きている気がしました。ずっと暗めだったステージが歌詞に合わせてパァアって明るくなんだよ?!晴れた!!!晴れたよ?!?!雨上がった!!!マジで?!??って1人テンション上がってた。まじでこれが衝撃過ぎて後覚えてないもん!(ひどい)

 

15.日替わりコーナー


橋本さんの自己満足コーナー。小川くんのギターにノリながら、歌いたい歌を歌う、そんなコーナー。それで良いのです。いろんな君の歌が聞きたいんじゃ…。


 ☆27昼→恋涙 (KinKi Kids)

ここにきて、れ、恋涙〜〜!!!ありがとうマジありがとう。過去に何度か歌ってるからもう生で聴くことはないだろうと思っていた曲が聴けるなんて…。

 ☆27夜→世田谷ラブストーリー (back number)

本当にこの曲好きなんだなぁと思った。橋本くんの恋愛観のルーツの1つだよね、これね。いやほんと毎回思うけど、あなた帰したくなさすぎね。


 ☆28昼→カブトムシ (aiko)

わたし、aikoめっちゃ好きなんですよ。橋本くんも好きじゃん?歌うじゃん?最高じゃん?結構ね、aikoの曲って女性でも歌うの難しい方だと思うんだけど、さすがね、我らがセンター。メインボーカル。歌いこなしてましたよ。なんでこうもハマるんだろうね、不思議。
少し背の高いあなたの耳に寄せたおでこ…甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし…………ハッ…私カブトムシだった?!カブトムシだったのか?!?!(違)

 

 ☆28夜→花束 (back number)
           愛のかたまり (KinKi Kids)


橋本くんが花束って言った瞬間崩れ落ち、頭抱えながら聞いていたヲタクはわたしです。この曲本当に好きで、何よりもう歌詞書いたの橋本くんだよね?!ってレベル。そして色々と重なって余計にダメだった。もし橋本くんがback numberの曲を歌ってくれるなら、ダントツで聞きたいって思ってたの。その夢が叶う日がくるなんて。もう胸がいっぱいで。その後に愛のかたまり歌うじゃん?いやそりゃね、泣くよね。橋本くん、愛のかたまり大好き芸人だから、セトリに入ってるんだろうなぁと思ってたら入ってなかったから油断してたわ。オーラスに持ってくんのズルいわ。

 

16.わたし鏡

個人的にアップテンポな曲として扱っていいのかは微妙なんだけど、何故この曲を選んだのか本当に聞きたい。これ、関ジャニ∞安田章大くんのソロ曲なんだけど、結構昔のやつなのよ。軽く10年前くらい。多分エイトのアルバムの中で1番聞き込んだと言っても過言ではない「ズッコケ大脱走」に入ってる、最初のソロ曲。もちろん作詞作曲はヤス。歌詞がまたどえらい可愛くてね…。スゲー要約すると遠恋寂しいよー会いたいよーって曲(雑)なんだけど、どうか皆様ググって!!!笑
「赤い糸 舞い降りてきて 小指に巻きつけてみるの」
で小指にくるくる巻きつける橋本良亮 is 最高!!!!!!!ありがとう!!!!!!

 

17.リリック

もーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!好きだ馬鹿!!!!!!!!!!
聞けば前半は歌ってなかったらしいじゃないですか…………え、わたしのためにとっといてくれた…???(違う)
去年と全く同じ照明の演出されて、一気にブワァッて記憶が蘇って崩れ落ちた。この曲はただ好きなだけじゃなくて思い入れ具合が半端じゃないから、また聴けて本当に嬉しくて。なんかもう本当にありがとうございますって拝みたい。拝ませて。あとオーラスで双眼鏡越しに指差された(気がぼんやりする)のでいよいよ橋本良亮が歌うリリック担から降りられなくなりました。責任とってください(真顔)

 

18.この星に生まれて


初めて聴く曲だな…?と思ったらどうやらJr.の曲だそうで。あくまで憶測だけど歌った、もしくは踊ったことあるのかなぁと思います。錦戸の亮ちゃんやら、JUMPの藪くんやらが歌ってたみたいです。これも曲調も歌詞もとってもかわいい。

「この前の話の続きをしようよ あいまいな君のしぐさで夜も眠れない」
「ずっと気になってた やっと言えた気持ち 二度といえない言葉 わざと聞き返して」

うん、橋本さんらしい。

 

19.Fantastic Ride

橋本さんがアルバムの中で好きな曲、ですね。これもダンスがとっても好き。ちょうお洒落。多分みんな好きだと思うけど「めくるめく時間 Love Situation」のところとかね。こういった大人っぽい、ロマンチックな曲がとてもよく映えるね。年相応というか、大人になってるんだね。
歌詞厨的には「So don't you worry 夜が明けるまで この手離さないで」がとても橋本くんぽい。いやまあ全体的に好きなんですけどね、しれっと口説かれてる感じが。笑

 

20.橋本DJ Remix
・ずっとLOVE
・Rock Your World
・Shower Gate

なんだなんだ何が始まるんだと思ったら、ミリタリー柄のジャケットを羽織った橋本くんが再びクレーンに乗って登場。クラブ系アレンジのメロディが流れる中、手元を見ればどうやらDJらしく機材が置いてありました。後に気付いたんですけど、機材に対して一切タッチしてないのなかなか面白いと思います。あるだけかーい。本人曰く「パリピポーズ」をしながら、ノリノリ。この3曲、このアレンジした人に金一封あげたいほどめちゃくちゃカッコ良いわノリがいいわで、しかも振り付けをDJがレクチャーしてくれるのでとっても楽しい。行ったことねぇけどクラブにいる気分だったわ!!あとシャワゲで後半橋本くんはファンで遊んでましたね。「くるくるくるぽん、くるくるくるぽん」で手を顔の横でぐるぐる回してたたく、「うーえ!しーた!うーえ!しーた!」って両手を上と下で左右に振るって流れの繰り返しなんですけど、順番変えたりして楽しんでらっしゃいました。とてもかわいい。

 

21.Crazy about you


ノリノリアゲアゲパリピイェーーイ!!!のテンションからのコレね。曲の始まりが結構静かというか、おとなしいじゃないですかこの曲。高低差ね。大丈夫、もう慣れましたよ。このダンスほんっとかっこいいんだよなぁ…。代々木での記憶がぶっ飛んでいたので、改めてスゲー踊るなぁコレとしみじみ思いました。サビの足のステップが最高に好きだ…。ちなみにタイトルの意味は「貴方に夢中」だそうですよ。あと後ろで流れてる映像も地味に好きです。全部歌詞が出るんじゃなくて要点のみな感じが良いですね。

 

22.A.B.C-Zメドレー
・Za ABC〜5stars〜
・Inazuma☆Venus
・メクルメク
・今日もグッジョブ!
・ハッピーハッピー
・Revorution
・Take a 5 train


橋本くんが自由に徘徊するメドレーです←
下行かれるとね、まあ見えないのでね、踊り厨はとても楽しく踊らさせて頂きました(満足)イナビもハピハピも久々でしたね〜〜!
Take〜のバックの子たちの振り付けめちゃくちゃ可愛くて和みました。


23.恋


自他共に認める、神曲。改めてこの曲をとっても大事にしてるんだなぁってひしひし伝わってきました。感想文()書くにあたって、この曲と「秘密の愛」「HazyLove」を写経したんですけど(歌詞を書き起こしだけ)、真っ直ぐで、ひたむきな気持ちがどストレートに現れているのがダントツでこの曲で。前にも言ったけど、この歌詞を16歳で書けるのは本当に凄いと思うの。

 


アンコール
1.気にせず Go my way

まさかの橋リカちゃん。噂は聞いておりましたが、思ってるよりも雑でスゲー笑いました。ヅラ被ったただの橋本くんだもんよ。サビ以外の歌詞もダンスもあやふやなのに、クッソ!!!かわいいかよ!!!!ってなるよね。うん。「あと一回あと一回…」とかブツブツ言ったりして無理矢理やらされてます感バリバリ出してたけど、やろうと思ったの貴方ですよね…?????前から思ってたけど、以外と女子ドルちっくな曲好きだよね…。やりたかったんだね…。

オーラスでは、まさかのポップアップ、ピンスポ独り占めでゴセ子ちゃん(2015summer ver.)登場。湧く会場。そりゃーまさかのゴセ子ちゃんでくるとは!五関くん曰く「良亮のソロ、私物化しちゃいました」そうな。てへぺろしてそうな勢いでしたよ…。やられたなぁ。去年は後ろの方からぬるぬるいらっしゃったけど、今年の登場ド派手でしたな。橋本くんが贅沢かつ壮大な前座すぎますよ先生。はしごっち大好きおじさんなんだから軽率に湧いちゃうぞ?!?!!

 


2.Summer上々↑↑


いやもう間違いないですね。アンコールでのサマ上はもう盛り上がり以外の何でもないでしょ。夏も終わりなのに夏ブチ上げて終わるはしソロ、最高です。打ち上げ花火感あって大好き。そらもう一心不乱に踊るよね。オーラスは五関くんも一緒で、ハケ際におてて繋いでいて、「いいでしょ?」って繋いだ手をこちら側に見せつけてくる五関様マジ……!!はしごっちはずっとそのままでいてね…。

 

Wアンコール(28夜のみ)
1.Shower Gate

去年は「はっしー」コールだったのですが、今年は「りょうちゃん」コールにチェンジ!ファンの順応力すごいねほんとね。「まだ帰すわけないじゃん〜」と出てきてくださいました。アンコールしながら何座ってんの!と孫…いや橋本くんに軽く怒られた後(BBAは足が限界なんだ…ごめんな…)何歌おうかな〜と考えてるところに「バニラ!」の声が。それに対して「いやバニラ歌わない」とバッサリ切る橋本くんまじいかちーっす。チーッス。Remixされたやつを歌って(?)たのでここで来るとは思わなかったシャワゲ!去年もアンコールで歌ってたね〜〜!嬉しかった〜〜!

 

 

 

☆2日間終えて

 

ちょー楽しかった!かっこよかった!かわいかった!幸せだった!ありがとう!嬉しい!大好き!!!!!!!!!もうまとめようと思ったらありきたりかつシンプルな言葉しか出てこないです。
きっと今年もいっぱい準備してくれたんだよね〜〜って思いつつ。今年の夏は橋本ソロ始まりの橋本ソロ締めですものね。サマパラでセクゾを差し置いてスタート切ってくれた橋本くん本当ちょーかっこいい。前半行けなかったのが悔やまれるけれど、夏の終わりにステージでキラキラ輝く君の姿を目に焼き付けることが出来て嬉しいです。

全体的な感想としましては、去年よりも落ち着いたというか、余裕がある感じがしました。とにかくやりたいことを詰めに詰めて攻め込んだ去年の「ちょマジ聞いてよ観てよ俺1人でこんなに出来るから(ドヤァ!!!」感も良いし、「イェーーイ!!盛り上がってる〜〜?!パリピ〜?!あ、どうも千葉のヤンキーです。」感もよきかな。ってこの感じが伝わる人が果たしているんだろうか…笑

さて皆さんお気付きでしょうか?橋本くんの今回のライブのセットリスト、ほぼ9割がラブソングなのです…!!改めて感じたけれど、本当に橋本くんは愛の人だなぁって。ものすご〜〜く大げさに言うとライブ中ずっと口説かれてるんだよ?大きめのドッシリとした愛を伝えられてる。受け取るかどうかはまあ人それぞれでしょうけど。いつのMCだったかお客さんに何か聞いて、そっけなく返したあとに「ごめんごめんごめん!ウソウソ!お願い嫌いにならないで!ごめんごめんごめん!」って言ってて、そんなサラッと「嫌いにならないで」って出る?!ってビックリしました。多分嫌われるというか、自分から離れていってしまいそうな人に少し敏感なのかも。

橋本くんはアイドルだから、ではなく、もともとが愛をたくさんくれる人なのだと思う。周りに愛されて育ったから、自分も愛さなければ、というのがもう無意識に行動や発言に出てる。ウソがつけないから、それが裏目に出てしまって誤解されることもあるんだろうけど、橋本くんの魅力の1つだから、大事にしていって欲しいところでもある。ただ、考えなきゃいけない場面もきっとある。どうか良くない方向に間違えないで欲しいと、願うばかりです。みんなそうだろうけど、やっぱり橋本くんのファンは橋本くんのことが大好きだし、大切に思ってるから、大っぴらによろしくない感じに言われてしまうのは悲しいし、辛いんですよ。せっかくライブが良いのに、そういうところだけ注目されて、良さが埋もれてしまうのはすごく勿体無いからさ。難しいところだけど、このへんクリアしたらきっともっと橋本くんの良さが伝わると思うんだよ〜。出来ることあるか分かんないけどさ、一緒に良くしていけたらいいよね。愛は愛で返したいもの。

 

舞台の再演も、映画も、A.B.C-Zのコンサートの構成も、全部やれたらいいね。やりたいことを公言するのは良いことだよ。どんどん言ってこ!影響を受けやすい君だから、きっとえびチャンズーで共演したアツヒロさんの言葉も少なからず響いたんだろうなって。すぐすぐ出来ることでも、1人でどうにかなることでもないけど、志は高く、やりたいって思う、それを口に出すことが大事だから、ああ言ってくれて本当嬉しかった!結局さ、最終的にはこちらはついていくことしかできないからさ。そのぶんさ、お仕事が決まったら全力で応援させてください!どうか君の未来に幸多からんことを。

 

 

幸せな2日間をありがとう、りょうちゃん。

おつかれさまでした!